潰瘍性大腸炎とは

大腸に潰瘍を起こす原因不明の慢性の病気です。病気は主に大腸におこりますが、他の部位にも病気がおこることもあります。10歳~30歳の若い世代に多く発症します。

潰瘍性大腸炎の初期症状

  1. 痛み方はさまざまですがお腹が痛みます。
  2. 便がゆるくなり、下痢になります。
  3. 程度は様々ですが、便に血液が混じります。(こちらの症状が出ている方は、一度検査をおすすめします)
  4. 便のかわりに白い膿がでることもあります。
  5. ひどくなると朝トイレにこもりっきりになったり、夜間 大便、腹痛のために目が覚めることがあります。

潰瘍性大腸炎の検査方法

採血検査|便検査|内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ、小腸カメラ)|腹部エコー|CT|等

石田消化器IBDクリニックでは、採血検査|便検査|胃カメラ|大腸カメラ|小腸カプセル内視鏡|腹部エコーの検査ができます。問診やこれらの検査結果を総合して、潰瘍性大腸炎やクローン病であるか判断します。

また内視鏡検査により腸の状況を把握して、最適な治療法を選びます。

潰瘍性大腸炎の腸内

潰瘍性大腸炎の治療方法

薬物|白血球除去療法|手術|他

代表的な飲み薬としてメサラジン製剤(ペンタサ、アサコールなど)、サラゾピリン、ステロイド(プレドニン)、免疫調節剤(アザニン、イムラン、プログラフ)があります。

  • ペンタサ、アサコールは他の治療薬に比べて副作用が少ないので基本の薬として飲みます。
  • プレドニン、アザニン、プログラフなどは副作用が比較的多いので、必要な場合のみ充分注意して使用します。
  • 生物学的製剤(レミケード、ヒュミラ)はステロイドや免疫調整剤に比べて副作用が少ないうえに良く効く治療法です。
  • 白血球除去療法は安全性で最も優れた、副作用の少ない治療法です。但し効果はステロイドや生物学的製剤に比べるとゆっくり発揮されてきます。

潰瘍性大腸炎の手術と予後

基本的にはお薬の治療ですが、原因不明の慢性疾患ですので、治療の継続が必要です。調子がよい時期でもお薬を飲んだり注射をすることが必要です。
潰瘍性大腸炎の患者様の約75%は、飲み薬だけで調子がよくなり日常生活に特に差し支えありません。

残念ながら4人に1人は治療が難航し入退院を繰り返すような状況になることがあります。お薬の治療がどうしてもうまくいかない場合は、手術でなおすこともあります。
手術をして大腸の大部分切除し肛門とつなげば、潰瘍性大腸炎はほぼ完治となります。但しつないだ周辺から再燃(回腸嚢炎)する場合があります。夜間に大便に行きたくなり、生活の質が低下することもあります。

症状が悪化した場合、全部大腸を切除して人工肛門にすると潰瘍性大腸炎は完治しますが、人工肛門にしたことによる不自由さがでてきます。また、病気の治療が難航すると癌がでることがあります。

潰瘍性大腸炎の治療費について

潰瘍性大腸炎の治療費は、医療保険が適用されます。
病状が中等症以上のかたは難病支援制度による公的な援助があり、これを利用すると所得に応じて月に一定額以上かからないようになっています。

潰瘍性大腸炎の早期発見・治療のメリット

潰瘍性大腸炎は放置しておくと病気が進行して、病状が排便の回数が増える軽症から、排便のために夜間目覚め、便に混じる血液量が増える中等症、腹痛がひどくなり、熱が出る重症と悪化していきます。

症状が軽いうち(軽症)の時に治療をしたほうが使用するお薬の種類が少なく、またより副作用の少ないお薬で治療できます。潰瘍性大腸炎は再燃を繰り返す病気ですが、軽症のうちに治療を開始した患者さんは再燃が少なく病状が比較的安定しています。

排便の不調が続くときには、早めの受診をおすすめ致します。