石田 哲也

石田消化器IBDクリニック院長|元大分赤十字病院 消化器科部長

大分医科大学大学院(病理学)卒業後、米国にて生理学を学ぶ
帰国後、炎症性腸疾患(IBD、潰瘍性大腸炎、クローン病)を専門に研究、治療


日赤から当クリニックを開業した一番の理由は、日曜日に患者様が受診できるようにしたかったことです。
潰瘍性大腸炎、クローン病の患者様は、学校に通っている若い世代の方が多いので その方たちの日常生活が受診、治療のため制限されないようにする、病気でない方たちと同じように日常生活を送ることができるようにするのが目的でした。

また、一般の患者様にも親しみやすくて、治療や検査に来たときにホッとなごめるようなクリニックにしていきたいと思っています。患者皆様の声を良く聞き、常に改善、前進していくつもりです。

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化管学会胃腸科指導医
  • 日本プライマリーケア連合学会専門医
  • 日本消化器病学会九州支部評議委員
  • 大分大学医学部臨床教授

略歴

1989年3月 大分医科大学医学部卒業
1989年4月 大分医科大学内科第一入局
1994年12月 大分医科大学大学院(病理学)卒業
1995年4月 米国ルイジアナ州立大学医療センター(生理学)留学
1996年12月 米国オハイオ医科大学(生理学)留学
1997年6月 山香町立国保総合病院 内科医師
1999年6月 大分医科大学 内科第一 医員
2002年11月 大分医科大学 内科第一 助手
2003年9月 大分赤十字病院 消化器科 医師
2004年4月 大分赤十字病院 消化器科 副部長
2005年4月 大分赤十字病院 消化器科 部長
2016年11月 石田消化器IBDクリニック院長

メディア掲載

CC JAPAN vol.103

PDFで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

CC JAPAN vol.96

PDFで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

DtoD No.27 May2017

PDFで詳細を見る
※「DtoD」は医師、医学生専用の会員雑誌になります。

学会での実績

目次

  • 学会での実績
  • 研究会での実績
  • 原著としての実績
  • 講演、その他の実績
PDFで詳細を見る